特性

診断名は自閉症?アスペルガー?ADHD?発達障害?わかりにくい特性と違いを解説

自閉症もアスペルガーもコミュニケーションが苦手だったり、感覚過敏があるとか…?
ADHDは多動なんだっけ??

なんとなく特性も名前も聞いたことがあるけど、どう違うの??

そんなわかりづらい部分を、わかりやすく解説してみます。

大きな括りで言うと「発達障害」

一番大きなカテゴリーとして「発達障害」があります。
その中に現在では

  • 自閉症スペクトラム障害
  • ADHD
  • 学習障害

この3つがあります。

2013年以前では「広汎性発達障害」をその知的障害の度合いによって「自閉症」か「アスペルガー症候群」と別々の診断をされてきましたが、今現在自閉症もアスペルガーも「自閉症スペクトラム障害(ASD)というひとつの診断名で統一されています。

スペクトラム=連続体
色んな特性の違いやその重さの違いはあっても、自閉症という障がいの本質はひとつです。なので連続体として統一されることになりました。

では、自閉症やアスペルガーともう分類することってないの??
と、思いますよね?

この部分は自閉症スペクトラム障害がメインカテゴリーだとしたら、アスペルガー、自閉症なんかはサブカテゴリーという認識になり、知的障害の度合いやその特性を見ていく上ではわかりやすく分類することができて非常に役立つと思います。
個人的には分類して特性などを伝える上ではわかりやすいので、これからも名称としては残り続けると思っています。

ちなみに以前の診断名・広汎性発達障害の中でもはQ70以下を自閉症(カナー症候群)IQ70以上をアスペルガー(高機能自閉症)と分類していました。

 

それ以外に「発達障害」にはADHDと学習障害が含まれますので、簡単にまとめるとこんな感じです。

発達障害

  • 自閉症スペクトラム障害(旧広汎性発達障害PDD)→自閉症・アスペルガー・特定不能な広汎性発達障害
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)→読字・書字・算数障害

自閉症の三つ組とは

自閉症スペクトラムの本質として大まかに3つの障害があり、その3つを自閉症の三つ組としています。

①社会性の障害(社会的相互作用)

  • 友だち関係を上手く築けない
  • 急な変更に対応できない
  • 興味・達成感を他人を分かち合えない

②コミュニケーションの障害

  • 言葉・身振り手振りによるコミュニケーションが苦手
  • 視線が合わない
  • 会話を始め、継続することが難しい
  • 同じ言葉を繰り返し言ったり、独特な言葉を使う
  • 発達に相応したごっこ遊びや、まね遊びができない

③想像力の障害(限定された興味・活動=こだわり)

  • 想像力の範囲が狭く、深い
  • 行動・興味が限定的で異常なほど熱中する
  • 習慣や儀式にこだわる
  • 常同行動・自己刺激行動がある
  • 物体のある一部に熱中する

 

自閉症(カナー)とアスペルガー(高機能)の違い

上でも少し触れていますが、違いを簡単にまとめると

  • 自閉症(カナー)=IQ70以下で自閉症の障害が重い
  • アスペルガー(高機能)=言葉や知的な遅れがなく、発達相応の自己管理能力があるが三つ組の特性を持っている

アスペルガーはADHD・学習障害と合併する場合がありますが、ADHDと学習障害に知的な障害がないという診断基準がありますので自閉症(カナー)では合併とみなされません。

自閉症スペクトラム障害の特徴

  • 同じ順番、いつも同じ場所、これじゃなきゃ嫌だ…など強いこだわりがある
  • 優先順位を付けるのが苦手
  • 感覚の特異性がある(過敏・鈍麻)
  • 物事を整理して説明するのが苦手
  • 臨機応変な対応ができない
  • 人と上手く関係を築けない(空気が読めない、距離感がわからない)
  • 集中すると他のことが頭に入らない
  • 言われたことを言葉通りに受け取ってしまう

自閉症の特性としては主にこんな感じです。
自閉症の三つ組に入るものばかり。
感覚も他の子どもとは少し違っていて大きな音が苦手だったり、体に触れられることが苦手というような感覚の過剰反応の症状や、逆に転んで血が出ていても痛がらない、匂いや味がわからないといった感覚の低反応の症状が見られることもあります。

あわせて読みたい
感覚統合って何?感覚のアンバランスを知ると自閉症児の「困った」がよくわかる自閉症のこども達は感覚のアンバランスさを抱えていると言われています。 感覚のアンバランス?と聞いてもあまりピンとこないものですが、この...

自閉症・アスペルガーの子供の特徴

小さい頃は発達の個人差も大きいので下記のような特徴があっても障害であると決めつけることはできません。
もちろん定型発達の子にも同じような特徴がある場合もありますので成長していく段階でその特徴がどれだけ薄まってくるか…というところが判断の目安になるのかなと思います。
この特性を薄めたり、また場合によっては上手く生かしていくために「療育」をしていきます。

  • 物を並べて遊ぶ
  • くるくる回る物・きらきらした物が好き
  • 単純な動きを繰り返す物が好き
  • 物に顔を近づけて見る・角度を変えて見る
  • アナウンスや標識など特定の物を以上に覚える
  • 靴下や洋服のタグ、ごわごわしたものを嫌がる
  • つま先歩きをする
  • クレーン現象(自分以外の人の手などを動かして何かをしようとする)
  • 逆さバイバイ(自分に手のひらを向けてバイバイする)
  • オウム返し(「お茶飲む?」→「お茶飲む?」のように言われた言葉を繰り返す)
  • 強い偏食がある
  • 目を合わせない
  • 手先が不器用

色んな特性や対応に関する記事はこちら>>

注意欠陥多動性障害(ADHD)とは

ADHDは男性の方が4~8倍多いと知られており、子どもの場合は定型発達の子でもその特徴に多く当てはまります。
また知的な遅れがないので成長するにつれ、多動・衝動性はだんだん目立たなくなっていく場合も多いです。

そんなADHDの主な特徴は3つ

①不注意

  • 忘れ物が多い
  • 整理整頓が苦手
  • 気が散りやすい
  • 物をよくなくす
  • 話を聞いていない

②多動性

  • じっとしていられない
  • すぐに体が動いてしまう
  • 過度なおしゃべり
  • 頭の中が常に考え事でいっぱい

③衝動性

  • ルール・順番を守れない
  • 飛び出す・割り込む(順番・会話)
  • 思い付きで発言・行動する

 

ADHDの中でも

  • 不注意が強い不注意型
  • 多動・衝動性が強い多動・衝動型
  • どちらも持ち合わせている混合型

この3つのタイプに分類することができます。
これ以外にも手先が不器用だったり、知的な遅れより上記の特性があることから学習の遅れにつながることが多いです。

学習障害(LD)とは

darkmoon1968 / Pixabay

学習障害もADHDと同じく知的な遅れがないという診断基準があります。
知的な遅れがなく、障害によって学習の遅れが出てくる場合に学習障害と診断されることが多いようです。
そのため、自閉症(カナー)の全般的な知的障害については学習障害とは分けて考えます。

学習障害の種類は主に3つ

  • 読字障害(読み)
  • 書字障害(書き)
  • 算数障害(数の概念)

読字・書字の障害を合わせてディスレクシア(発達性読み書き障害)とも呼ばれています。

読字障害は音素の認知に障害があり、言葉のまとまりを把握するのが難しい障害です。
読字の障害がある場合、程度の差はあれ書字障害も出てきます。
誤字脱字が多かったり、字の大きさがバラバラだったり…
子どもによってわかりやすい方法が違うため、色々なやり方で対応していきましょう。

算数障害は数の概念を理解するのが難しい障害。
数をイメージ化できないというとわかりやすいでしょうか。
数を数えることや足し算引き算の切り替えなど、つまづき方は様々ですが電卓などを使って対応するのが一般的です。

まとめ

おおまかに…ではありますが、なんとなく発達障害についてわかっていただけたでしょうか?

特性は本当に色々あるので、お子さんによって困りごとは変わってきますし、障害の度合いも全然違います。
一括りに「発達障害」と言いますが、これだけたくさんの特性がありますので、専門家の指導を受けながらお子さんを理解し、適切に支援していくことが大切です。

わが家の場合、1歳半で発達の遅れを指摘され2歳から療育に通っていますが、自閉症と診断されたのは4歳の時です。
特性はちょいちょい出ていたものの、いわゆるTHE自閉症ではなく他にも不安要因があったために確定までは時間がかかりました。

ただ診断されたときの医師の見立ては、育てて行く上で大きな助けになりましたが、診断自体が何かを劇的に変えてくれた!ということは特に思いあたりません。

早期療育に通えていたこと、たくさん見立てをしてもらい、色々な特性や対応を見出してもらえたことが大きかったです。

なので、上記の特徴が見られたり何か不安に思うことがあれば勇気を出して専門家に相談してほしいです。
お子さんは絶対成長します!

あわせて読みたい
家庭でできる!おすすめ療育まとめ家庭で療育するときにどんなことをしていけばいいのか?? わたしが息子を育てる中でこれは知ってて良かった!と思う療育手法。 知っておく...
ABOUT ME
うみ
シンプルに心のゆとりを目指す二児の母 「発達障害・自閉症児」の子育て記録