日々ログ

支援学校の入学準備で購入したもの。総額はいくら?

怒涛の春休み。
バタバタの時期ですよね。

うちの息子は4月から支援学校に転校になったわけですが…

特別支援学級から特別支援学校へ転校します!

支援学級とは持ち物が全然違うので、買い足し・買い替えがたくさんありました。

参考までに、必要なものや「これくらいかかったよ」という目安を公開していきますね。

支援学校からもらった準備リスト

学校によっても持ち物は変わってくると思いますが、「こんなものも?」というものまであったので、とりあえずご紹介。

  • 通学用リュック
  • 連絡帳袋
  • 水筒
  • 給食用エプロン
  • おしぼり&ケース
  • ループ付タオル
  • 校内着(体操着のようなもの)
  • 歯磨きセット
  • 上履き
  • 帽子
  • 雑巾
  • ティッシュ
  • ビニール袋(100枚入)

もろもろ入れる巾着&袋もの

  • 着替え校内着用…大×1
  • 着替え予備用…大×1
  • 給食セット用…中×2~3
  • コップ&歯磨きセット用…小×1
  • 上履き用…1
  • 防災セット用…大×1
  • (デイサービス用バッグ…手提げ×1)

 

防災セットで必要なもの

  • 常備薬(3日分)
  • 防災用ヘルメット
  • 安定グッズ(お気に入りのもの)
  • 1日分の食料
  • アルミブランケット
  • 下着×1

こんな感じでした。

防災セットは普通の学校に通う分には必要ないのでびっくりしました。
あとは袋ものの多さ…
わたしは買うものと作るものと、分けました。
正直、全部作るのは…と思ってしまった。

総額はいくら?

  • 通学用リュック→5,940
  • 連絡帳袋→309
  • 水筒→0
  • 給食用エプロン×2着→480(生地代)
  • おしぼり&ケース→890
  • ループ付タオル→1,090
  • 校内着(体操着のようなもの)→6,210
  • 歯磨きセット→216
  • 上履き→2,215
  • 帽子→0
  • 雑巾→0
  • ティッシュ→0
  • ビニール袋(100枚入)→507
  • 巾着&袋もの→4,506
  • 防災用ヘルメット→1,210
  • 安定グッズ(お気に入りのもの)→0
  • 1日分の食料→1,660
  • 水→94
  • アルミブランケット→66
  • 下着×1→0

総額 25,393円

でした!

家にあったものは、そのまま使ったり、給食エプロンや雑巾なんかは手作りします。

結構かかるなぁ…と思いつつ、普通に学校入学だとランドセルだけで4~5万ですからね。
実際うちの息子が支援級に就学した時には5万ほどのランドセルを購入しました。

支援学校では、今のところ筆箱や鉛筆など文房具・お道具箱の購入は言われていません。
入学後に言われるのかもしれませんが、とりあえずすぐに購入する必要はなさそうです。

知っておきたい!就学奨励費のはなし

特別支援教育就学奨励費

 障害のある幼児児童生徒が特別支援学校や小学校・中学校の特別支援学級等で学ぶ際に、保護者が負担する教育関係経費について、家庭の経済状況等に応じ、国及び地方公共団体が補助する仕組みです。なお、平成25年度より、通常の学級で学ぶ児童生徒(学校教育法施行令第22条の3に定める障害の程度に該当)についても補助対象に拡充しています。
 対象とする経費は、通学費、給食費、教科書費、学用品費、修学旅行費、寄宿舎日用品費、寝具費、寄宿舎からの帰省費などがあります。

支援学級・支援学校の場合、入学すると学校から就学奨励費の申請書をもらってきます。

お住いの自治体によって支給基準や申請方法は違いますが、支援級・支援学校の子どもたちは就学奨励費の申請ができるので、申請できるかどうかわからなくても学校用に購入したものは全て「領収書またはレシート」を保管しておきましょう。

明細がわかるものがいいので、レシートの方が無難かもしれません。

例えば、リュックと洋服と下着と…とまとめて購入した場合、申請できないものが含まれていても申請できるものを〇で囲ってわかるようにすれば申請自体は可能なので、もし、まとめて購入してしまっている場合でも、レシートがあれば保管してください。

わたしはAmazonで買うことが多いのですが、Amazonだと明細をなくすことなく、申請時に領収書をプリントすればいいのですごく便利です。

支援学級で3年ほど就学奨励費を申請して、領収書やレシートを保管し忘れることが多かったので、この方法で落ち着いています。

まとめ

いかがでしたか?

学校によって必要なものも違ってきますし、支援が必要な子どもたちなので、それぞれ必要なものは個々にあると思います。

うちの息子だと、サポート箸だったり、サポート鉛筆、デイサービス用のバッグ。
紙パンツや補助具、イヤーマフなどが必要な子もいると思います。

学校によっては校内着に着替えないところもあるでしょうし。

就学場所が決まらないと、揃えることは難しいですが「こんなものが必要になるのか」「だいたいこのくらい(金額)になるかな?」くらいに参考にしてみてくださいね。

 

 

ABOUT ME
うみ
シンプルに心のゆとりを目指す二児の母 「発達障害・自閉症児」の子育て記録